円形脱毛症の治療をしよう

このコラムをシェアする

塗り薬を使用する方法

円形脱毛症になったら、ステロイド剤を塗る治療をすることが一般的です。
髪の毛を育成するのに最も効果がある方法だと言われています。
初期症状の頃に使用すれば、短時間で完治するでしょう。
しかし悪化している状態では、ステロイド剤だけでは治療できない可能性があります。ステロイド剤だけではダメだと医師が判断した際は、別の塗り薬も併用します。

塩化カルプロニウム外用という薬が処方されます。
この成分はドラッグストアで販売されているような育毛剤にも配合されるぐらい、髪の毛を育てるのに大きな効果を発揮できます。
強力な薬ですが、その分身体に与える負担も大きくなるので気をつけてください。
副作用として、かゆみや炎症が起こります。

飲み薬で対応しよう

ステロイドの飲み薬もあります。
それはかなり強力なので、子供の円形脱毛症の治療には使用できません。
大人でも、塗り薬だけで対応できないぐらい重症化している人にだけ処方されます。
副作用があるので、なるべくステロイドの飲み薬に頼らないで円形脱毛症を治療できるよう早く医師に相談しましょう。
肥満や糖尿病など、健康に大きく関わる副作用が見られます。

通常の人は、アレルギーや炎症を抑える薬を処方されます。
それは基本的に誰でも、円形脱毛症の治療に使われると言われています。
血圧が急激に高くなるなどの副作用が見られますが、一時的なので安心してください。
すぐに副作用は収まります。
なかなか副作用が収まらない場合は、医師に相談しましょう。